So-net無料ブログ作成

大間の黒マグロ 初競り [ニュース]

今週は早かった!3日仕事にいっただけで、もう終わってしまいました。日本は、来週の月曜日から始まるところが多いんでしょうか?それとも、そろそろ始まってんでしょうか?

最近は日本のニュースをよく見ているんですが、いま、「築地初競り 大間産マグロ1億5540万円!すしざんまいが落札」ていうのを見つけました。

すごいですねえ。ご祝儀相場ということですが、マグロ1匹ですよ。でも、競り落としたおすし屋さんでは、ふだんと同じ、一貫128円から398円で提供するんだそうです。(すしざんまいっていうのは、チェーン店なんですね。そんなお店があること自体知りませんでした。)

なぜこのニュースが目を引いたかというと、“世界の果てまでイッテQ” という番組で、出演者が大間の黒マグロ釣りに挑戦していたからです。猟師さんの船に乗せてもらって、指導を受けながら、マグロ釣りに挑戦するんですが、最初、内村さんという人がやったときは、確か3日くらいねばって、一匹も釣れなかったんです。船の維持費や、船を出すだけでも、燃料費とかかなりかかるし、釣れなければ赤字になるだけ。

それに、釣れる人は続けて釣れるのに、まったく何日も釣れない人もいて、そのときインタビューされてたおばちゃんが、「どの人にも平等に釣らせてあげればいいのに」みたいなことを言っていました。猟師って、すごく過酷な職業だなあとそのとき思ったんです。

しばらくして、こんどはチャンさんという人が、別の親子の猟師の下で、挑戦したんです。こんどは、小ぶりとはいえ、1日で5~6匹釣れたんですね。で、次の日、100キロを超える大物が釣れて、もう大興奮でした。その大きさになると、とても素人の出る幕はない、まさに「猟師の領域」という感じでした。100キロ超えたら、人より大きいですから、クレーンのようなものでないと釣り上げることができません。船は大揺れでした。

私はマグロ大好きで、おすしはマグロさえあればいいっていう人間なんですが、自分の口に入るまでに、あんなドラマがあるんだあと、なんか見入ってしまいました。

きょう築地で競り落とされたのは、222キロってことですから、相当な怪物でしょう。

猟師さん、お疲れさま!そしてありがとう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

アメリカから日本へ、浦島太郎の帰国計画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます