So-net無料ブログ作成

新種の小型羽毛恐竜の化石、中国で発見 [ニュース]

 
中国で、ジュラ紀の地層(約1億6300万円前)から、新種の小型羽毛恐竜の化石が見つかったと、ベルギー王立自然史博物館などの研究シー無我、イギリスの科学誌、ネイチャーコミュニケーションズに発表しました。
 
これまで確認されている羽毛恐竜の中では最小と見られています。
 
四肢と尾に羽毛を持つこの恐竜は、「エオシノプテリクス(暁の中国の翼)」と名づけられました。
 
羽毛恐竜はジュラ紀の後の白亜紀(1億4500万~6550万年前)から多く確認されていますが、この エオシノプテリクスは、それより古い地層から見つかりました。
 
化石の全長は約30センチ。足首の関節が完成していたことから、おとなの恐竜と考えられています。
 
これまで知られている最小の羽毛恐竜は焼く50センチなので、 エオシノプテリクスはそれより20センチも小さいことになります。
 
恐竜が鳥に進化したことを示す、「始祖鳥」の化石をテレビで見たことがありますが、このエオシノプテリクスは、その間ということでしょうか。
 
エオシノプテリクスは、近い種類の恐竜に比べて、後ろ足や、尾の羽が少なく、鳥のように飛ぶより、地面を走るのに適した姿だということです。
 
ロードランナーみたいですね。
 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

アメリカから日本へ、浦島太郎の帰国計画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます