So-net無料ブログ作成

仕事始め [日記]

きょうから、仕事が始まりました。息子は私が起きるちょっと前に寝たようで、私が起きるときは夢の中。でも、ねこたちは2匹とも起きてくれました。休み中、ほとんど化粧もしなかったし、いいかげんな格好ばかりしていたので、身支度を整えると、それなりにシャキッとします。

会社は静かに始まりました。でも、眠くて眠くて。きのう早くベッドに入ろうとしたのですが、休みの間にすっかり時間がシフトしてしまい、夜中までまったく眠れず、明け方ちょっとうとうとっとしたと思ったら、懐かしい目覚ましの音に起こされました。

何日も外に出ていなかったんですが、朝、寒かったですねえ。マイナス10度くらいでした。会社の近くになって、道がボコボコしていて、ちょっと運転しにくかったんですが、暗かったのでよくは見えませんでした。帰りに見てみると、え~、こんなになっていたの? とびっくり。除雪はしてあるものの、固まってしまった雪は、除雪できず、つまり氷になってしまっていて、でこぼこのスケートリンクのようになっているんです。1年前は暖冬だったので、こんなことはなかったなあと、以前の雪国時代を思い出しました。

最初すみ始めた頃は、あまりの豪雪と寒さに、なんでこんなところに人が住みついて、文明を開いたんだ!?と、親権に思いましたし、こんなところに住んでいたら、命がいくつあっても足りない、とも思いました。でも、車しか移動手段がないから、運転しないわけには行かないし、ほんとうに泣きながら運転していたのも思い出します。

でも、慣れるんですねえ、寒さも、運転も。

すっかり寒さに慣れたころ、冬に日本に帰ったことがあったんです。私にしてみれば、おお~、なんてあったかいとこなんだ!と感激して、着ていたコートも脱いでしまったというのに、いっしょにいた友達は、寒い、寒いの連発なんです。そして、周りの人も、どれほど寒いんだ?と思うような、分厚いコートとかジャケットとか着ているんです。そして私は気が付きました。私がおかしいんだと。そして、人間の体は、環境にそれなりに適合していくものだと学びました。そう、そうやって人間は、住む環境に自分の体を合わせて生き抜いてきたんだなあと、身をもって納得しました。

それでも、やっぱり、いつかはあったかいところに住みたいです。
タグ:仕事 寒い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

アメリカから日本へ、浦島太郎の帰国計画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます